福島園について

福島園について

盆栽道は、千葉県印旛郡印旛村にある盆栽園、福島園が運営しております。

福島園は、3代続いている歴史ある盆栽園です。
現在3代目園主である、福島 孝之が、1本1本の盆栽を大切に管理しています。

以前は盆栽のメッカである『さいたま市盆栽村』を拠点としておりましたが、数年前にこの土地へと園を移しました。
印旛沼が、まさに盆栽の為にあるような素晴らしい環境だったからです。

園主:福島孝之のプロフィール園主:福島孝之のプロフィール

千葉県の印旛沼だからできる絶好の環境

印旛沼は、自然公園に囲まれ、風光明媚な所として広く知られ福島園はその畔にあります。
福島園の盆栽の棚場は全て印旛沼に面しており、沼が目の前に延々と拡がっております。

盆栽の棚場は、朝と夜には沼から発生する霧に包まれます。
沼沿いに道路が走っていますが、あまりにも霧が濃い為に前方が見えなくなり、車で走るのには危険なほどです。
露は盆栽にとって必要不可欠な水分を十分に、過分なく与えてくれます。

さらに、陽射しが良く差し込む場所であり、この太陽からの恵みも、当園で管理する盆栽にとっては、とても良い栄養となっています。

このように福島園は、人間にとって住みにくい土地であっても、盆栽にとってこの土地、環境は、とても素晴らしい環境です。

また保管に影響のある強風は、当園の棚場から北に位置する崖によって、しっかりと遮られています。

このような素晴らしい環境の中で盆栽を育てられることは、盆栽園にとっては、この上ない幸せです。

tanaba_200.jpg

お預かりする棚場- 拡大

夜露を提供してくれる印旛沼の写真

夜露を提供してくれる印旛沼- 拡大

アクセスに便利な交通環境

千葉県印旛郡印旛村は、都心からわずか60分でアクセスできる利便性にがあります。都内均衡にお住まいの方でも、わずかな時間でご来園していただくことができます。

日本の空の玄関である、新東京国際空港(通称:成田空港)と、福島園は、近い距離にあり、海外からのお客様も多くいらっしゃいます。

新東京国際空港へ行かれる方は、ぜひお立ち寄りいただければ幸いです。

盆栽道,福島園